7月の心のヨガ 

ヨガって何でしょうか?

 

実は、ポーズのことではありません。

ポーズは、アーサナといいます。

 

ヨガとは、

 

調和がとれていること、

バランスが取れて穏やか、平安、

心が柔らかい感じ、

 

楽しいとか悲しいとか、

自分の気分に振り回されず、

 

周りの人にやさしく、

 

状況を柔軟に

『これでいいのだ~』と

 

バカボンのパパの名言のように

軽く受け止められる状態のこと。

 

(ちなみに、これでいいのだ、は

ヨガの言葉であり、

聖書にもあるので、

 

すごく深遠な言葉です。)

 

調和が取れてくると、体は力むことなく、

構えず、肩の力が抜けています。

 

バランスをとるということは、

ぐらぐら揺れながら、

すっと支える

免震構造のタワーマンションのような状態です。

 

変化し続けて、その時のベストを尽くす

柔軟な姿勢の、ヨガな状態。

 

強くなっていくことは、

いわゆる、頑固。

がっちり固める耐震構造のような状態です。

 

悪くはないですが、

バランスをとるヨガな生き方は、常にサーフボードに乗り続けることなので、

 

頑固でいつことは、ヨガとは真逆で

バランスをとるのは難しい。

 

世間の波に飲まれやすく、

生きることに疲れてしまうかもしれませんね。

 

でも、それが悪い、というわけではありません。

 

 

疲れたり、しんどくなったら、

 

波に乗れなくて、力が入りすぎているかもしれませんね。

 

ヨガをして、脱力をしましょうね!